• 採用情報
  • 會社概要
  • トップメッセージ
  • 社員紹介
  • よくあるご質問
  • 募集要項

採用情報

よくあるご質問

  • 企業情報について
  • 仕事内容について
  • 人材育成について
  • 選考について
  • 福利厚生について

企業情報について

Q1. 社風・會社の雰囲気を教えてください。
A1. お客様を大切にし、また社員も大切にする風土が根付いています。それは「會社に誇りを持っていない社員が良い仕事ができるわけない」と思っているからです。社員同士の仲もよく、皆いきいきと働いています。少數精鋭の當社は、「できるか、できないか」ではなく、まず「やってみよう」、そして「やるっ!!やりたいっ!」と言った人にたくさんのチャンスが與えられる風土です。
Q2. 禦社の強みは何ですか?他社とは違う面白さや大変な點はどんなことですか?
  • A2.(1) 技術力。「こんな製品にこんな色を付けたい」「商品をこんなイメージにしたい」というお客様のご要望に応えるため、やりとりを重ねながら世界で一つの色を作り上げていきます。また、耐摩耗性、抗菌性、觸れたときの感觸など、特殊な機能を持った塗料も當社の強み。常に製品の改良・新製品の開発を行っています。
  • (2) 対応力とフットワークの軽さ。「お客様の期待に100%お応えし、120%の満足を提供する」を理念とし、誠意を持ってお客様に対応しています。営業擔當と技術擔當の社員が積極的にお客様のもとへ出向いて、現場できめ細かな打合や作業を行います。
Q3. なぜ上場しないのですか?
A3. 株式上場は資本市場から資金を調達するための手段ですが、現時點では、上場の必要がないと考えています。
非上場であることによって、株主に対する短期的な利益還元よりも、お客様そして社員に対して利益を還元していきたいと思っているからです。また、より中長期的な視點での事業活動を営み、様々な分野に挑戦しつづける企業文化を育むことができるとも考えています。
Q4. 今、一番力を入れている事は何ですか?
A4. まさに人材育成です。平成8年に20億円だった売上が200億円まで拡大しましたが、それは事業の特性が時代のニーズにマッチしたことや、その時々のお客様への対応が評価につながった結果にすぎません。
今までの考え方と人間力では過去の実績を超えることはできません。そのため當社は人材育成が最大の課題と考え、その強化に力を入れております。
Q5. 環境問題への取り組みについて教えてください。
A5. 當社ではISO14001「環境マネジメントシステム」の認証を受けており、環境方針をweb上等で公開しています。これを通して環境に配慮した製品の開発、廃棄物の削減、エネルギー節約等環境負荷を低減するための活動に全社で取り組んでおります。
また、お客様の環境基準に対しても認証を受けております。
page top

仕事内容について

Q1. どのような製造をしているのですか?
A1. 當社が開発・製造・販売を行っているのは主にプラスチック塗料です。その用途は実に多彩で、攜帯電話、PC、家電機器からゲーム機、車載機器まで様々です。家電量販店に置かれている製品には當社の塗料で彩られた製品がたくさんありますよ!
Q2. 技術系職と開発系職の違いを教えてください。
A2. 技術系職は主に「色づくり」を行う部署です。お客様のご要望やイメージを取材し、新しい色を創り上げます。
また、お客様が実際に塗裝するときに塗裝工場へ出向いて色の調整やサポートを行ったりもします。
開発系職は主に塗料の機能面を擔當する部署です。お客様の、塗料でこんなことができないかという要求は様々。たとえば「傷や指紋がつきにくい塗料がほしい」「桃のような手觸りにしてほしい」といった要求があります。そんな要求を満たす特殊な機能を持つ塗料を開発すべく研究・実験を重ねています。
Q3. 研究テーマはどのように設定されるのですか?
A3. メーカーである我々にとって開発力は生命線であるため、研究テーマの選定は大変重要です。「市場の狀況」、「技術の動向」、「國内外の競合他社の動向」などを基に、「お客様ニーズ」の具現化を目指してテーマを設定します。
詳細については來訪時に當社の実績、研究テーマについて少しお話させて頂きます。
Q4. 海外での勤務に興味がありますが、海外転勤や出張はありますか?
A4. もちろんです。當社は世界9カ國に販売拠點、研究所、生産工場などがあり、日本國内にある事業所との間で、交流が盛んにおこなわれています。
入社1年目で海外出張に行く者、入社2~3年目で海外赴任となる者など、海外で働くチャンスはいくらでもあります。語學力に加え、商品知識やビジネス能力を身につけて、海外での仕事に積極的にチャレンジしていただきたいと考えています。
page top

人材育成について

Q1. 入社後、研修はどのように行われますか?
A1. 入社後最初の1年間は、塗料現場の把握と実踐力を身につけるための新入社員向け研修プログラムを用意しています。具體的には生産部での実習を中心とし、ジョブローテーションを行うOJTです。塗料、業界、會社を理解する座學研修などもあります。
生産現場での実習は、実際の製造工程に攜わることでモノづくりの基本、メンバー及び當社製品に関する基礎知識を深めることを目的としています。
Q2. 配屬先はいつ、どのように決められますか?
A2. 1年間の研修終了後、面談を行った上で決定します。
各部署での研修を全て終了する2月頃に、面談をし希望をお伺いします。その上で、會社が適性を考え合わせた上で、決定します。
Q3. 異動はありますか?また、異動に関して希望を出すことはできますか?
A3. 基本的には、事業の持続的成長に貢獻できる幅広い見識を持つ、人材育成のために、職種を超えた計畫的な人事ローテーションを積極的に展開する考えです。年2回の目標設定時の面談で、能力開発・異動や転勤地の希望、将來のキャリア形成について話し合う場も設けています。
Q4. 人事制度を教えてください。
A4. 創業50周年を1つのステップとして、一層の飛躍を目指し「世界のMUSASHI」を実現するため、以下の3つのテーマを掲げ、人事制度を改定し、運用しています。
  • (1) MUSASHIイズムを浸透させる
    MUSASHIの思想を制度の中に織り込んで、より磐石な組織を作る
  • (2) よりチャレンジできる風土を創る
    失敗を恐れず、常にチャンスを與える風土を目指す
  • (3) コミュニケーションを通じて人材育成を促進する
    密接なコミュニケーションをとり、高い成果を上げる指針とする
page top

選考について

Q1. 禦社の求める人材像を教えてください。また、必要な資格・技能はありますか?
A1. 「持ち味」「笑顔」をもった方です。それはコミュニケーションをとる上で最も重要な事です。
當社は心と心のつながりと大事に思える人「真」のコミュニケーション能力のある人材を求めています。
Q2. 入社前にやっておいたほうがいいことはありますか?
A2. 入社までに甲種危険物取扱者資格と有機溶剤作業主任者資格の取得を推奨しております。
この資格は昇格條件にもなっているため、入社後、仕事に専念するためにも早期取得をお薦めします。
Q3. 工場見學はできますか?
A3. 「百聞は一見にしかず」。社風や職場環境を納得・體感いただくため、ご來訪時は必ず工場見學をして頂いております。
Q4. 外國人留學生ですが、応募はできますか?
A4. 募集條件に合緻する方であれば、外國籍の方からのご応募もお待ちしております。
実際に現在、外國籍の方が大活躍している実績もあります。
Q5. 選考はどのように行われるのでしょうか?
A5. まず「マイナビ」の當社ページよりエントリーください。その後の採用情報につきましては、マイナビ上でのご案内となります。
選考の流れ:
マイナビよりエントリー→會社説明會・工場見學→一次面接→二次面接→役員面接→内定 (面接の回數は採用狀況により変動する可能性があります)
Q6. 選考に応募する方法を教えてください。
A6. 詳しくは、募集要項のページをご確認ください。
http://caifu63905.cn/recruit/application/index.html
page top

福利厚生について

Q1. 社員會はあるのですか?またどのような社員會行事がありますか?
A1. 當社には親睦會というものがございます。その名のとおり社員間の親睦を深めることが目的で、多くの社員が參加するイベントや部活動が盛りだくさん。社員旅行をはじめとして、野球、ゴルフ、スキー旅行、釣り&バーベキュー大會、焼肉パーティー等が実施されており、社員同士のコミュニケーションを深めております。
Q2. 社員寮や社宅はありますか?
A2. 風呂トイレ別、オール電化で快適な個室の社員寮です。(2010年3月完成)
Page Top